大湿原の小さな町から                 北の大地で思ふことblog


北のはずれ北海道釧路湿原の小さな町で暮らすたくさんのふしぎ
by superkiyoshi
プロフィールを見る
画像一覧

<   2008年 11月 ( 13 )   > この月の画像一覧

ドーム造り開始

ドーム建てスタートです。これからは基本、自分を入れて3人~4人体制で進めていきます。6年程前にお手伝いに行った現場で知り合った金谷さんと三重からは東出くん、山田氏と言うメンバーです。 
e0153062_19413613.jpg
 
金谷さん東出くんは段取り、自分と山田氏はトラック班で松岡満運輸の釧路支店に三重から届いたパネルを引き取りに行きます。トラックが小さいので3往復しました。三重から運んでくれた松岡満運輸さんには感謝です。
e0153062_1942147.jpg
 
翌日はこんな感じに進みます。
e0153062_19422853.jpg
 
少々色合いが違うのはメインドームで余っていた材料も無駄なく利用して頂きます。良かった!
e0153062_19424428.jpg
 
また翌日にはこんな感じです。基本は2×6工法、今回はサイロの様なデザインなのでドームはまだ先、円柱造りって雰囲気ですね。
e0153062_1943820.jpg
 
サンクチュアリに丹頂も集まり始める季節になりました。明日もやりまっせ!
e0153062_19432649.jpg

[PR]
by superkiyoshi | 2008-11-29 20:12 | ドームハウス | Comments(0)

大掃除

今日は大掃除なのです。フロアー全部にワックス掛けなので朝から大変です。天気は上々 

e0153062_119397.jpg

まずはメインフロアーの半分終了!景色が床に写るのは気持ちよいですね~。ふっー
e0153062_11122936.jpg

台所も全部出しての作業、物が無くなると結構広いんですがね~
e0153062_1192155.jpg 
陽も短くなりましたがとっぷり日が暮れて終了!冬仕様のリビングになりました。
e0153062_1110249.jpg

誰も相手してくれないのね~coco  
e0153062_1115864.jpg
 
[PR]
by superkiyoshi | 2008-11-25 11:24 | ドームハウス | Comments(3)

そろそろ来ますね~

そろそろ来ますね冬、今日もちらっと雪が舞いました。日中はどうにか+気温ですが朝晩は当然マイナスです。この冬はなんだか忙しくなりそうな予感がします。大掃除も遅れていて来週になり、ドームの建設も来週からだし(山田氏早く来て~冬ですよ冬)お陰様でお客様もいらっしゃいますし地域の葬祭、年末の行事など・・このまま年末年始に突入しそうです。で雪の量がどうなるか・・除雪車のメンテも始めないとだな~年明けのSLさんの事もあるからカメラさん達の顔でも見ておかないとですな、久し振りにbassでも弾いてみようか・・なんか気忙しい
[PR]
by superkiyoshi | 2008-11-22 01:39 | 北のはずれ日常のポツリ | Comments(3)

ビビリ~ッ!

e0153062_11202245.jpg
 
うちのcocoの今日は病院です。とにかく彼女の大の苦手なのです。でこんな顔。自分もお医者様は苦手です。
e0153062_1120448.jpg
がたがた震えてしまいます。e0153062_1121742.jpg
終わってしまえばいつもの感じなのれす。
[PR]
by superkiyoshi | 2008-11-20 12:12 | 旅と食 | Comments(0)

久し振りにお休み

奥さんと映画鑑賞へなんでか北見までおでかけ・うちから弟子屈から美幌峠をねけ行きました。午前の回しかないので早出、小雨の中の移動です。普段だったらローバー君で行くところ修理中で帯広なのでプラド君になりました。車の小話ですがランドローバーデスカバリーはAT車、車重2t、奥さんの車ですが自分のランドクルーザープラドMT車とほぼ同じ排気量、でもランドローバーさんの方がいくぶん燃費が良いのです。なんで遠出はもっぱらランドローバーです。北見の目的地まで2時間でした、少々早く着いたのでマックへ、コーラのボトル方グラス欲しさに、なんか懐かしいグラスなんで欲しかったのです。せっかく来たので2本見て友人をピックして帰ってきました。e0153062_8205321.jpge0153062_821121.jpg
[PR]
by superkiyoshi | 2008-11-19 08:21 | ドームハウス | Comments(2)

今は昔

仕事の関係もありこの季節にならないと自分の時間がなかなか取れないのです。どうにか趣味?なのかな~見たいもの?・・この歳になるとどうも回帰するものなのか子供の頃好きだった物を引っ張り出して見たり・・で、また集めだしたのだハッハッハ・・ここ数年鉄道写真を復活し去年から勉強しなおしの雑誌読みあさり作戦、しかし最近のものにはあまり興味が出ずやはり昭和なのよね~昭和!子供の頃にあこがれた蒸気機関車や電車等等それが走る風景、町並み田畑とその中の暮らし、記憶の奥に残っている・・モノクロの写真の中が素敵なんだな~いつの間にか無くなってしまった車両たちや路線など目の前の釧網線は大丈夫なのかなあ?広尾線に乗ったのはたしか中学生の時だったな・・春先に〇崎くんと出かけて幸福駅と愛国駅に行ってみたがもう線路跡も畑になっていた。今は昔か・・
e0153062_5395929.jpg

[PR]
by superkiyoshi | 2008-11-17 05:37 | 北のはずれ日常のポツリ | Comments(3)

とうろの宿発11月の道東観光(摩周湖編)

少々風が強い朝でも天気は上々なのです。秋の最後にくるり摩周湖観光に出発です。(宿リビングから) 
e0153062_304264.jpg
 
秋の湿原はまたとても広く見渡す景色は澄んで素敵です。(二本松の展望地から)
e0153062_31079.jpg
 
鶴のタンチョウもそろそろ集まり群れになり始めて冬支度ですね(鶴居市街)
e0153062_31164.jpg
 
摩周湖に続く道も白く見えるのは凍結防止の準備です。この時期はその年により雪の降る事も
e0153062_312760.jpg
 
もう少ししたら凍る摩周湖、秋の最後に見せてくれる荒々しさもまたきれいです。(摩周湖第一展望台)
e0153062_31397.jpg
 
お昼はお気に入りの手打ちそば「そば道楽」でいただきます。手打ちなのにボリュームもあり素朴な味わいです。
e0153062_315963.jpg
 
食後のデザートはこちら・・川湯温泉駅近の「バラックカフェ」で手作りのケーキでお茶タイム「のんびりボーっと」出きるのはうちと一緒の感じですね。
e0153062_32117.jpg
 
甘さもやさしい良い感じはモモちゃんのセンスの良さが出ています。当宿と同じ年にオープンのお仲間さん。宿奥の超お気に入りのお店です。姉妹店の駅にある「オーチャードグラス」も居心地の良さは同じ、味のあるオーナーとちょっっとお話なんてしてみてはどうでしょう。ビーフシチューは評判です。
e0153062_322373.jpg
 
川湯温泉から硫黄山でお土産をみて温泉蒸し玉子を頂き屈斜路湖へ、屈斜路湖のこの日は風が強かったのでオオハクチョウも陸で待機中です。風が無いと静かな湖面に写る空がとてもきれいでゆったりと泳ぐ白鳥も穏やかなんですよ。(砂湯)
e0153062_324062.jpg
 
屈斜路コタンから国道391に出て帰路に着きます。標茶市街をぬけて塘路を目指します。途中とうろまで10分ほど手前にちょっと寄り道「茅沼憩いの家」で温泉に浸かり足を伸ばします。
e0153062_33423.jpg
 
いかがでしたか?のんびり冬が来るほんのちょっと前のドライブですが見所もあって良いですよ~!秋の味覚も沢山ありますしね・・coco
e0153062_34955.jpg


コース:とうろの宿10:00~コッタロ湿原~鶴居~弟子屈~摩周湖~川湯温泉駅~硫黄山~屈斜路湖砂湯~コタン~茅沼~とうろの宿18:00
[PR]
by superkiyoshi | 2008-11-14 03:42 | 旅と食 | Comments(3)

基礎工事完了

e0153062_19462529.jpg
 
残った型枠をはずしてこれでドームハウスの基礎が完成です。
e0153062_19464041.jpg
 
じゃ~ん!
e0153062_1947886.jpg
 
これから1週間かけてじわじわ固まっていかせてから上物の工事を始めるそうです。長い間、福田君、田中さん本当にお疲れ様でした。とてもよく出来たようで感謝しています。長く住む家の大事な所、やはり基礎は何者よりも大事ですものね~。ボンベ台、カヌー台も作ってもらいました。くれぐれも遠路、気をつけて帰ってください。ありがとう。
e0153062_19473130.jpge0153062_19475422.jpg
e0153062_19481471.jpg

[PR]
by superkiyoshi | 2008-11-09 20:06 | ドームハウス | Comments(4)

川旅最終日(釧路湿原を漂う)

e0153062_2393316.jpg
 
晴天の標茶をスタートする3日目の最終日、今日は初日と同じ3人2艇で出発です。釧路湿原の岩保木水門のゴールを目指します。
e0153062_2395167.jpg
e0153062_23101252.jpg
 
うちの奥さんもココは始めての部分です。人の手が入っているとは言え自然豊かなのは変わらない。
e0153062_23105083.jpg
 
「うっ?!馬!」
e0153062_231149.jpg
 
長い旅には色んな事もあるのです。きまぐれな秋の空から突然雹が降ってきた。これも楽しんじゃいます。
e0153062_2311263.jpg
 
「おっ!今度は牛!」
e0153062_23132717.jpg
 
ほ~ら天気回復して釧路湿原に入っていきます。日本の湿原のなんと60%をしめるまさに日本最大の湿原です。
e0153062_23134090.jpg
e0153062_23141536.jpg
 
大きな空が広がって・・
e0153062_23143293.jpg
 
細岡カヌーポートを通過して・・仕事ですと必ずよるこの場所を通過するのです。
e0153062_23144657.jpg
e0153062_2316510.jpg
 
お日様が傾きたそがれ時の湿原はなんとも言えません。
e0153062_23163598.jpg
e0153062_23165776.jpg
e0153062_23171386.jpg
 
e0153062_231727100.jpg
 
つい見とれてしまう色に旅の終わりを感じて・・さあゴールの水門はもうすぐ
e0153062_2318138.jpg
e0153062_2318306.jpg
 
旅の終わりを見守るかのように大きな牡鹿が悠然・・
e0153062_2318441.jpg
 
水門に着いた時の穏やかな川面がやさしく迎えてくれました。哲さんお疲れ様、すばらしい時間でしたね。また今度は春に出かけましょうネ。
e0153062_23185753.jpg


釧路川カヌーガイド2人による川旅の報告てした。興味のある方はお気軽に書き込みされてくださいね。
[PR]
by superkiyoshi | 2008-11-07 23:52 | 釧路川、釧路湿原カヌー | Comments(4)

基礎工事も大詰め

e0153062_21422734.jpg
 
天候に恵まれちゃいました~風も落ち着いて落ち葉攻撃も一段落、落ち葉拾いをして今日から土間うちです。
e0153062_21424921.jpg
  
ミキサー車も三度目の登場です。鉄筋間隔は縦横20センチ、結構丈夫だそうですよ。現場に自分も参加したのでうれしい感じ素人が居るのに嫌な顔一つ見せず色々具体的に説明をしてくれます。「なぜ?こうなんですか?」ってね。鉄金しばりも覚えました。ありがとうです。
e0153062_2143534.jpg
e0153062_21432486.jpg
 
スコップ、クワ?で広げて均していき、振動のする機械で細かなところにもコンクリートを入れていきます。ドームハウスは四角くないので鉄金が込んでいる部分も少なくありません。
e0153062_21434268.jpg
 
均してそして養生して夜まで少し待ち、深夜まで見守ります。コンクリートは鉄金と結合していき丈夫になっていくそうでけして早く乾かさず余分な水分が自然に出てきて固まるのを待つのです。鉄金をまわす前には地面に直接コンクリートを流さず薄いビニールシートを一面にひきました、「なぜ?」水が地面にしみこむのを避けるためだそうでこれもコンクリートを強くする一手間だそうです。一棟目では気にする余裕も無かったしまかせっきりで・・今回は色々教えてもらいました。なんか安心なのです。
e0153062_21435664.jpg
 
翌日の朝、「をっ!きれいじゃないですか!」深夜に一度、朝に一度と表面を均したそうで・・ご苦労様です。
e0153062_21441367.jpg
 
使い終わった型枠をバラシ、掃除して、自分はくぎ抜き係です。そして明日使う型枠を造っていきます。
e0153062_21444077.jpg
 
買い物日、と翌日嫁様のご両親を空港に迎えに行っている2日間で残りの作業が終わっていました。明日この型枠をはずして基礎工事も終了です。
e0153062_21445476.jpg
 
ついでにメインドームのガスボンベ台もコンクリートで作ってもらいました。福田くん感謝!メインドームを作った時に工務店が何もしてくれなくて地面に置いてあったのです。細かなところですが大事ですから気をつけてください。
e0153062_2145783.jpg

最後の最後にレベルをとるレベラーコンクリートを作るそうで準備中の福田くん。もう少しですねありがとう。
[PR]
by superkiyoshi | 2008-11-07 22:26 | ドームハウス | Comments(0)
カテゴリ
最新の記事
最新のコメント
以前の記事
外部リンク
フォロー中のブログ
外部リンク
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧