大湿原の小さな町から                 北の大地で思ふことblog


北のはずれ北海道釧路湿原の小さな町で暮らすたくさんのふしぎ
by superkiyoshi
プロフィールを見る
画像一覧

カテゴリ:カナディアンカヌー( 87 )

秋の釧路川、五十石~二股

やっと秋の時間を楽しめる時期になってきた。きょうはツッチーと2人で五十石橋から湿原の入り口を目指します。とは言っても近々川の付け替え工事が行われるその前に現況の確認が主なる目的なのである。
e0153062_1630062.jpg

うっしし~。
e0153062_16301415.jpg

釣り人。一応「鮭じゃないよね~?」と声をかけたら「アメマスだよ~!」っとおっしゃっていましたが・・川に上がった鮭を捕る行為は密漁になり犯罪なのだ。自分で食べる分位ならばっと以前は少々好意的に見ていたのだがあまりのマナーの悪さに最近は好きになれなくなってきてしまった・・
e0153062_16302884.jpg

このあたりから川が付け替わるらしい。
e0153062_16312372.jpg

人の手で直線化された川、年月が経ちある意味自然な感じさえある。自然再生と言う新たな開発にならない事を願うが・・
e0153062_16314517.jpg

人の手による歪んだ自然をまた人の手で歪めていくことにならないか・・
e0153062_16315863.jpg

自然は人間だけの物ではないのだから・・
e0153062_16321241.jpg

・・・
e0153062_16322557.jpg

二股のゴール、お迎えは奥さん。
e0153062_16323620.jpg

ぼくらの今日の釣果?・・
e0153062_16324858.jpg

[PR]
by superkiyoshi | 2009-10-29 16:57 | カナディアンカヌー | Comments(1)

今シーズンも・・

やっとと言うかとうとうと言うか今シーズンももう少しで終わる。静かな塘路の町、山の紅葉も後は松を残すだけになった。
e0153062_2134277.jpg

もうカヌーも北風だと結構寒くなり、秋の晩秋の湿原に出かけよう。湿原の神「サルルンカムイ」タンチョウもこの時期は飛ぶ姿も良く見られるようになる。もう少しして湿原が凍ると群れになる。タンチョウの鳴く声が湿原の中、響く不思議な声なのだ。
e0153062_21342518.jpg

遠くからジッと大きな角をつけた牡鹿がこちらを見て、繁殖期を迎えたこの時期は迫力を感じるのだ。
e0153062_2135397.jpg

風の音しか聞こえない・・
e0153062_21353276.jpg

突然、牡鹿が雌ジカを追い走り出した。
e0153062_2153528.jpg

川では釣り人も増えてきた皆さんマナー良くお願いしますよ、タバコのポイ捨てやルアーの置き去り、そして密漁、地元の釣り好き自身も「この辺はマナー悪いから・・」って特にここは保護湿地なのだからね。

e0153062_21361165.jpg

久し振りにイベントのやっている川湯駅前へ、ここは地元と移住人がうまく活動している素敵なところなのだ。わが塘路はね・・5月から走っていた今年の湿原ノロッコ号もこの日でお休み、次は冬の流氷のノロッコ号として釧路からオホーツクの網走に出張です。そして湿原の冬はSLがまた走り出すのだ。
e0153062_21363457.jpg

[PR]
by superkiyoshi | 2009-10-26 22:08 | カナディアンカヌー | Comments(4)

ちょ~久し振りに

今日は土曜日なのに仕事はお休み。弟子屈の友人がお店を開いてから一度も伺っていなかったので午後から出かける事にした。ちょうど今日はお店のイベント日、皆さんワークショップで蜜蝋ロウソクを製作中だ。ここのオーナーつっちーとは早くも11年の付き合いになるがここに建つ全ての建物は彼ら夫婦の手作りなのにはまさに「リアル北の国から」を感じる。素敵な家族だ。屈斜路湖に行く機会があったら是非SOMOKUYAに足を向けて欲しい。  
e0153062_18471666.jpg

久し振りにつっちーともばか話をして、屈斜路湖畔でカヌーを洗い,新調したクーラーとcocoを積んでみた.う~んちょうど良い!
e0153062_18473995.jpg

やはりせっかくなので一漕ぎcocoとタンデム夕暮れの屈斜路湖
e0153062_1848723.jpg

こんな自然の中に暮せているのはやはり幸せな事だね。
e0153062_18483361.jpg

e0153062_18485278.jpg

湖には既に冬の使者オオハクチョウがにぎやかに鳴いている。もうそこまで冬が近づいているが今日は一時の穏やかな秋の日であった。
e0153062_18491230.jpg

cocoは車の中のガムを無断で食べて少々胸焼けしている。なんて食い意地の悪い奴。
[PR]
by superkiyoshi | 2009-10-17 19:09 | カナディアンカヌー | Comments(5)

カナディアンカヌー オールドタウン キャンパーのシートを下げる。

カナディアンカヌーと言えばキャンパーと言って程、オールドタウンのキャンパーはとてもメジャーなカヌーだ、軽量かつ丈夫、安定感もある。所有している98年100周年モデルのキャンパーのシートをアパラチアン同様に下げることにした。丁度アパラチアンから取り外したボルト&ステーを利用出来る。
フラットなボトム、アパラチアンはラウンドボトム。
e0153062_1935035.jpg

シートは使用する状況に合わせると使いやすいのだ。
e0153062_194780.jpg

このキャンパーの文字も今は違っている。デカールもついていてなかなかお洒落だね、もう10年以上経つキャンパーだがまだまだ現役で使える。保存にさえ気を使えば一生ものなのである。
e0153062_1942841.jpg

[PR]
by superkiyoshi | 2009-06-20 19:10 | カナディアンカヌー | Comments(0)

カナディアンカヌー オールドタウン アパラチアンのシートを下げる。

カナディアンカヌーの老舗「オールドタウン」製のアパラチアンと言うカヌーがある。同社キャンパーと比べると急流向きの艇、シアーラインも高くシート配置もそれに向いている。ボトムもラウンドしているのでローリングもしやすいのだ。旋回性能は良い。自分は湖などで使用する頻度も多い為、スターンヘビーの抑制もありバウシートもキャンパーの位置に近く移動する。スターンシート高は色々試した結果ニーポジションの自分には少々シートが高いので約3cm程さげることにした。どの程度シートを下げれば良いかは、ノーマルのシートを下げているねじを長い物に仮交換して木製のステーの変わりに適度な太ささの塩ビパイプを切って実際に乗って確認をする。今回は高さも決まったので長ネジ、木製ステーを製作、交換し3cmダウン化した。キャンパー、パスファインダーの場合は純正で下げるパーツが発売されているのでこの手間は無い。
今シーズンから新しいアパラチアンになる。
e0153062_18544071.jpg

ノーマルのシートステーの状態。
e0153062_1855358.jpg

シート高を確認する為の仮ステー&ネジ、
e0153062_18552436.jpg

今回使用するステンレス長ネジ、木製ステーと耐水の為エクステリアオイルを使う。
e0153062_18555472.jpg

特注した長ネジだが加工の関係でマイナス溝になった取り付け使用には問題ない。
e0153062_1856928.jpg

加工後のステー、左ノーマル、長くなったのが一目瞭然。エクステリアオイルを塗ってある。
e0153062_190073.jpg

シートも加工のいる場合がかなりある輸入してから取り付けてある為、個体差がるので長さをカットし調整。切り口にはエクステリアオイルを塗っておくと良い。取付けて完成。
e0153062_1902389.jpg

今回はステンレス長ネジはノーマル15cmを18cmに交換、木ステー11.5cmに交換。
今シーズンも楽しみ、さあ出発。
e0153062_1903958.jpg

[PR]
by superkiyoshi | 2009-06-01 19:22 | カナディアンカヌー | Comments(2)

CoCoのデビュー

新しいカヌー、オールドタウンのアパラチアンの進水式をした。まだ早春の塘路湖、午前中は天気が良かったのだが午後から少し曇って風が出てきたので湖からアレキナイ川までのコースにした。何しろ今シーズンはCoCoにカヌーデビューをさせたかったので記念日に一緒に出かけた。去年から用意してあったCoCo用のライフジャケットも初使用ですな。「CoCoはどーこだ!?」
e0153062_19421530.jpg

自分も今シーズン初になった。いつもは冬にも乗るのだがこの冬は無理だったね。

「さあ!CoCoいざ出発なのだ!」気分はどうだい?
e0153062_19424572.jpg

[PR]
by superkiyoshi | 2009-04-18 19:50 | カナディアンカヌー | Comments(13)

秋の川旅(1日目)

10月27・28・29日と2泊3日で釧路川(屈斜路湖~岩保木水門)をカヌーで川旅をしてきました。深まった秋の道東はすばらしい時間をくれます。
e0153062_2321749.jpg

屈斜路湖のコタンの宿の前から14:30に出発です。今回は2艇のカナディアンカヌー・オールドタウンのアパラチアンで旅をします。川旅だと思うといつもの湖も違って見えてくるので不思議ですね。               
e0153062_23295237.jpg

この橋から釧路川がはじまるのです。釧路湿原を目指す川の旅がスタートします。
e0153062_23412881.jpg
e0153062_23415165.jpg
e0153062_23421454.jpg
e0153062_23452247.jpg
e0153062_23454982.jpg
e0153062_2346723.jpg
e0153062_23463147.jpg
e0153062_23465011.jpg
e0153062_2347624.jpg
e0153062_23472447.jpg
e0153062_23474223.jpg

すっかり夕暮れですが無事1日目が終わります。ゴールのびるわ橋まであとわずか・・
e0153062_23482966.jpg

[PR]
by superkiyoshi | 2008-11-04 23:57 | カナディアンカヌー | Comments(0)
カテゴリ
最新の記事
雨が降ってそして晴れた・・。
at 2017-09-14 08:10
2017.8.31 Red..
at 2017-09-07 09:41
Blues x Rock'n..
at 2017-09-06 16:16
WOWOWで30周年記念ライ..
at 2017-09-05 08:16
この空の下で
at 2017-08-30 12:35
最新のコメント
以前の記事
外部リンク
フォロー中のブログ
外部リンク
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧